オフィシャルブログ

2022年。函館みなと祭りが開催!久しぶりの花火も

こんばんわ。

時間は経ちましたが函館港まつりの花火の日の函キャンからの眺めを含めて開催してもらった喜びと今の函館について書いていこうと思います。

コロナ禍でイベントが自粛だったこの2年間、長かったですね・・・

久しぶりの花火は近くで見ようかとも思いましたが、函キャンからの眺めも体験しておきたかったので今年は裏夜景から見る花火にしました。

対して函館市はコロナが激増!とはいえ検査数が多いとかまだこんなにもコロナを気にしているのは日本くらいと言うべきか(笑)

他にもイベント関連の情報も書いていきます。

花火大会をプライベートキャンプ場から見てみた

場所は明かせませんが裏夜景の見えるところに函キャンはあります。

マイキャンプ場、プライベートキャンプ場なんておしゃれに言ってますが広い空き地を自分達で草刈りしたり整地して使わせてもらってる場所です。

そんな自分たちの場所で早くから窯でピザを作り

後は見るだけにしてスタンバイしていました。

植えていた神トマトも一個が色づいて食べれそうだったのでついに収穫!

写真では見せてませんが雨などの水分を吸いすぎて実が膨れ、表面が裂ける裂果という状態でした。苗を買ってきた白石農園さんにこの症状を聞いたところ、食べる分には問題なく、逆に水分が豊富だから瑞々しいとの言葉を頂いたので安心しました。

この神トマトを使ったフードやカクテルはInstagramなどにアップしているのでぜひご覧ください。

N2のInstagramページ

そんなこんなで花火の開演時間。今はスマホでラジオも聞けて動画も撮れる時代。花火の演目を聞きながらスマホ台に固定して撮影したムービーから切り抜いた画像です。

かなり粗いですが、まだまだ肉眼のズーム感にはスマホは届かない。しかし肉眼で見た花火は全体が花開いたように見えてとてもきれいでした。さすがに花火が遠くすぎたのは否めませんが(笑)

周りに誰もおらず静かに花火を見れた。「楽しめた」とはまた違う花火の見方は焚き火を見てるだけのキャンパーと一緒かもしれません。

8/10には湯の川でも花火が上がるといいですね。

函館は今年からイベントが動いているので観光客のみならず市政や市民にとっても活性化に繋がる年になるといいでしょう。

開催されるイベント、なくなるイベント

さて、話変わって再開されるイベントもあればなくなるイベントもあるという話をします。今回はなくなるというより縮小開催と捉えていますが

2年前から始まったまちなかオープンテラスが今年も開催されるようですが、なんと!

杉並方面は省かれる模様

五稜郭まちなかフェスティバル公式

今回は案内が来なかったのでもしやとは思いましたが、オープンテラスが主ではなく、施設連携イベントに重きを置いているようですね。名称も変わり全く新しい物になりました。

昨年は盛り上がって今年も楽しみにしてくれているお客様もいたのですが残念ですね。個人店で道路占有許可を申請すれば問題ないのですが、なんか8/9以降ずっと雨で、気持ち良く飲める気温は過ぎてしまうのではないかという不安があります(笑)

参加店ではなくなりましたが、逆に参加者になれるということでもあるので1市民として楽しんで来ようと思っています!

8月が過ぎるとあとは亀田八幡宮の例大祭!こちらはコロナで中止のアナウンスは出ていないので開催されるといいですね。以前から言ってますが健康や地域振興を願う神事は執り行うべきと思っています。

まとめ

2年ぶり開催の函館港まつりの花火大会。函キャンからの眺めは静かに見れたが楽しめるかは個人次第といったところでしょうか。

まちなかオープンテラスは形を変えての開催なので、今度は参加者側として純粋に楽しむ機会を得られたと考えれば良しですかね。

コロナの感染者が急拡大していますが、感染拡大初期から比べて、罹ってもバッシングがなくなったのは良い傾向だと思いますが罹った人の症状は辛いもの。N2は今度も感染対策しっかりしながら営業していこうと思います。