オフィシャルブログ

まん防で1月は終了!?第3者認証店で別れる函館市内飲食業

こんばんわ。

1/21に北海道が国にまん延防止等重点措置を申請しました。

函館市内飲食店には耳が痛い話題ですが昨今のオミクロン株の急激な感染拡大に歯止めをかけるには必要な措置なのでしょう。発出されたならN2も時短要請に従います

その中でニュースでたびたび出てきていた第3者認証制度。前回の緊急事態宣言明けから行われている第3者からの認証を受けた店は感染対策が施されている店舗として制限の緩和がされるとのこと。N2は自前でビニールカーテンやアルコール消毒液の設置をしていますが

うっかり(?)第3者認証を申請していませんでした。

これでは認証店に後れを取ってしまう!と思い少し調べたので第3者認証の説明と所見を中心に書いていきますが、途中から「非認証のままの方が良いのではないか?(呆れ)」とも思うようになりました。その辺も交えて書いていきます。

第3者認証とはそもそも何?

正式名称は

北海道飲食店感染防止対策認証制度

道内のコロナで特に被害を受けた飲食店が自店の感染防止対策を第3者に確認してもらい、安全なお店作りに生かすとともに、利用者に感染対策はばっちりです。ここ!といったアピールが出来る利点があります。

初めて入る店や外から店内が見えない店舗はそれだけで安心感が出ますので、どこもやってないから入ってみた店がノーマスクで客やスタッフがわいわい騒いでいたという地獄のような状況を回避できる確率が上がります。

おそらく、道や市の支援金の受給条件に、現状どんな感染予防対策をしているか、新北海道スタイルに沿って感染対策に努めるといったものがあったので、今までしっかり行ってる店は難なく認証が受けられると思っています

また、認証店は飲食店の情報サイトで公表されており、独自のマップも用意されているので広く安全だということがアピールできる体制になっています。

ただ、当店もそうですがやっていない店もあります。公式サイトによると全道の飲食店の1/3が申請中とのことですが裏を返せば2/3が未申請ということになります。

コロナ対策としてメリットしかないこの制度ですが、認証が進まない理由を経営者目線で書いていきます。

なぜメリットを享受しない店が多いのか

認証制度の良い点は上げましたが、「正直な」難点もあります。誰に怒られることもない(はず)ので、申請したらあっさり通るであろうという前提の上で、未申請の身として申請しない理由を挙げていきます。

・認証を受けるメリットが薄い

これは飲食を続けていたらわかるのですが、今の日本で感染症対策を実施していない店の方が少ないほどこの1、2年で衛生管理についてはしっかり行う様になりました。今更第3者から認証を受けずとも当然のように感染防止対策はされているのでわざわざ認証店と掲げる必要が薄いのです。

また、実際に見にいきましたが、グルメ情報サイトぐるなびには「認証店舗」として掲載されたり、コロナ対策認証店マップにピンがつくわけですが

ぐるなびは認証店掲載というだけでピックアップされてないし、肝心の感染症対策で何を特段行っているのかわからないので、非認証店と差別化できていない状態になっています。

マップに関しては精度が低すぎてピンポイントでわからない。N2の住所である杉並町の他店は3店舗登録していましたが、登録数が少ないからかタップしても認識されないというポンコツぶり(笑)

お役所仕事といえばそれまでですが、認証店が非認証店と比べて爆発的に人が入っているということは確実に言えません。

・手間がかかる

これは個人的なだらしなさですが、もう諸々の申請疲れです(笑)

支援金や補助金といったお金絡みの申請はしなければ自身の生活やお店の運営に関わってくるので必死に資料集めたり写真を撮ったりしましたが、金銭の絡まないこの認証制度の申請ははっきり言って面倒なだけでした。

認証を受けるために第3者が確認する作業もありますので、電話一本で確認が済まないのは時間を取られます。

・公平感が薄いどころか悪い

現在分かる範囲のまん防の内容ですが

1/24~2/13まで

飲食店は時短営業を要請し

認証店はお酒を提供せずに20時までの営業かお酒の提供は20時までで21時まで営業のどちらかを選択できます。

一方、非認証店は酒類の提供禁止で20時までしか営業出来ません。

ここまでは緊急事態宣言下の時短要請に似ていますね。ですが、沖縄で問題になった支援金の額なのですが

認証店でお酒を提供して21時まで営業を行ったら1日当たり下限25000円~75000円。

お酒を提供せず20時までの営業か非認証店は下限30000円~10万円が協力事業者に給付されます。

N2のような夜間営業のBarはもろに影響が出る時短営業ですが、非認証店の方が認証店より1日当たりの支援金の下限が高くなっています。これが沖縄で実施されたまん防の現実です。お酒を提供できて1時間長く営業できるのなら割に合うかとも思いますが

まん防により客足が鈍った状態では1時間延びてお酒が出せたとしても差を埋めることは難しいと思います。北海道もこれを踏襲するのかはわかりませんが、沖縄では当然不満が噴出し、認証を取り下げたいというわけのわからない申請が沖縄の飲食店から続出したとのことです。

これでは店によっては「認証を受けていることがデメリット」となる悪手中の悪手です。

面倒で認証を受けていなかったお店が認証を受けた店舗より多く支援されるなら認証店のモチベーションも下がってしまうでしょう。コロナで一番痛感したのは休業補填があればいくらでも経済は止まること。そして止めてから再び歩き出すには事業者のモチベーションが一番大事だということです。

直接的な支援金やクーポンでの消費促進も非常に助かりますが、「事業を続けたくなるように地域を盛り上げる」ことに欠けたら事業者は撤退を選ぶかも知れませんね。

意外と律儀な函館の事業者

これはただの感想ですが、昨今の休業要請期間では函館の本町はシャッターが降りたゴーストタウンと化し、夜は灯りが落ち、本町を行き交う車すらありませんでした。函館市民は平時は酒を飲んでうるさく騒いでTHE浜育ちという田舎臭いけど男気溢れる人情の街だと思っていましたが

ものの見事に休業の波に乗っているのが意外と律儀だな~と感じてお客様と話していました。コロナなんて関係ねーと言わんばかりにフル営業する人は見事にいなかったか私の耳まで届かなかったですね。

未知の感染症でリスクは当然ありますし、どんなパッシングを受けるか想像に難くないですが、コロナ禍でも増収増益している飲食店ももちろんあり、時短、休業を経て学ぶことや考える時間はあったはず。

落ちた函館経済をコロナ前に戻すことしかできないなら本当に函館の事業者は危ないと思います。

律儀に休業や時短をしても、空いた時間はyoutubeみて飯食って寝るだけなら淘汰の連鎖が広がるだけ。律義さは事業継続のためのパワーに回し、危機感を持ってこの期間を乗り越えて明るい春を迎えたいですね。

まとめ

第3者認証と時短営業について書きました。

制度の弱点を突いてる意地悪ブロガーに感じますが悪い部分を認識することも事業者には大事ですし、何かわからない制度に安易に登録するのも問題です。今回の認証制度の支援金の差は後付けでの事案ですが、認証店側がしっかりメリットを享受できないと不公平感が広がり、制度自体の是非を問われかねません。

時短営業は避けられない飲食業ですがお酒は腐らないのがBarの大きな利点!時短期間が明ければ人によっては楽しいバレンタインが待っています!N2もチョコレートカクテルでバレンタインに向けた準備を進めることとして、明けの月曜日のまん防情報に注目していきます。