オフィシャルブログ

緊急事態宣言解除!時間を気にせずお酒を飲める喜び

こんばんわ。N2です。

北海道全域に及んだ緊急事態宣言が解除になり、N2も通常営業を再開しました。

ほぼ、一か月ぶりの営業を嬉しく思うとともに感染症対策に一層注意しながら、函館市の活性化に繋げたいですね。

解除から数日経ってますが函館の近況と休業中にやっていたことを中心に書いていきます。

激動の1年が終わり、また厳しい1年になりそうですが、こんな時こそ人との会話という当たり前の日常が大切になっていくのではないでしょうか?

私は荒んでましたが(笑)

函館市の近況

函館市は北海道の中では人口が多い都市ですが、コロナの感染者数は連日一桁代で推移していました。ポジティブに見ると市民筆頭に観光客まで来ない自粛の賜物。ネガティブに見るならほんとに検査してる?といった感想はあります。

特に函館は田舎なので情報が広まるのが早かったり、陰湿な面があるので、感染者へのいじめや差別が心配されてました。

ですがSNSでは公表企業や休業店舗に対する誹謗中傷はあまり散見されず(あえてオープンな場で批判する変人も少ないですが)心配する声や再開の応援がとても多く見られました。

これも函館市民の暖かさなのかとも思いましたし、罹りたくて罹る人もいないので見てて安心に感じました。

では念願の再開後はどうか?

パーっと20時以降の本町に灯りが戻ってきたのは本当にうれしい光景ですね。

飲食店は通常営業に戻り飲酒もok!これで函館の景気もV字回復だ!

と予想した人は少ないと思います。なぜなら

街に人はあまり戻っていないのです。

飲食店に限って言えば、このコロナ禍を生き残った猛者店ばかりのはずです。独自のサービスやメニューで必死に店舗を継続してきました。ですが、人は緊急事態宣言前と大差ないというのが正直な感想です。

自粛慣れ、とでも言いましょうか。外食を制限され、飲酒が半ば悪の様な印象を持たれたら誰しも外食するリスクを取らずに巣ごもりを続行するという経済的悪循環が発生しています。

理由は心理的なものだと思います。上述のいじめが発生していないわけでもなく、まだまだワクチンも十分供給されてない。罹ったら家族や会社に迷惑が・・・と協調性と調和を重んじる日本人気質が露骨に出ていますね。

なので、時短だろうが不要不急だろうが飲みに出ていた人たちが気兼ねなく飲めるようになっただけで喜んでる層はまだまだ一部なのです(笑)

また函館は暗くなるのかと不安に思いますが、この状況は予測の範囲内です。これからどうするかが手腕の見せ所ですね。

N2の活動

さて、N2は6/15を持ってオープン2周年を迎えていました!

なぜ過去形かと言うと休業要請中だったのです( ノД`)シクシク…

なので休業明けの6/22~6/30までは2周年記念ということで長めの期間キャンペーンを開催します。

なんと飲料全品500円!

厳選ワイン、高級ウィスキー、特製カクテル、箱館醸造様の「郷宝」含め一杯500円で提供します!

函館市民と大きく括りますが、普段バーに来れない理由の一つに金銭的な問題はあるように感じます。そのハードルを一度下げてみるとどうなるのかという実験も含めたら7/15までの一か月に延長してもいいかもしれませんね。

N2の活動としてはワインバーとしての営業、婚活の場としてのスペース、函キャンの発信基地の3つほどがありますが、休業中は専ら函キャンで整備とキャンプ三昧でした。

スーパームーンの接近も見れました。

誰もいない自分たちの秘密基地で自由に飲み食いして焚き火をして寝る。究極のスローライフとはまさにこのこと!

遊んでばかりではなく草刈りもしっかりしてましたが、広大な土地なので回数を分けたり大人数で一気にやらないとモチベーションが保たない。それほどの草との闘いです。

函キャンはもうキャンプスポットとして機能はするのでゆるりとやっていきます。

ですが世はアウトドアのコアなシーズン!2021年は猛暑の予報が出てましたがN2としても夏のアウトドアにがっつり乗っかろうと思います。

野外コンパ。略して外コン

構想段階ですが野外の交流パーティーを本格的に考えています。

今までも日曜BBQやキャンプイベントはやっていましたが、仲間うちや参加者はN2のお客様が多かったのですが、完全新規参加歓迎のアウトドア交流イベントとして活動していこうと思います。

新たなことをやる時はもちろん準備と計画が重要なのですが100%に達成しないと始動しないのではなく準備が70%くらいから稼働しながら修正していく方がうまく進みます。無鉄砲にやるつもりはありませんし、孫子の兵法書にも書いてあります。

90%まで待ってたら遅すぎる。50%では準備不足

では70%とは何を基準に?とか考えてる躊躇の時間がすでに無駄になっています。

私も初めてのことは誰かに相談して意見をもらいますが、オンラインでの相談相手はいないし、オフラインでも意見をくれる存在は本当に少ないです。

なので構想が決まったら動き出すしかない。動き出したらやるしかなくなる。この状況に追い込めということですね。今年はN2のアウトドア企画は大きく飛躍させたいですね。

まとめ

緊急事態宣言解除から数日経ちましたが、正直そんなに変わってないというのが率直な感想です。このままコロナに呑まれるのか、既存のサービスのみで勝負できるのか?まだまだ試される1年になりそうですね。

N2はアウトドアの本格化の準備を進めています。名づけて外コン(仮称)

順次進行具合は報告しますが、待ちきれない方はN2まで来て一緒に話しましょうね!